2012/11/21

お母ちゃんがくれた人生

37年前の今日。

母ちゃんが私を生んでくれた。



母子家庭で兄ちゃんと私を育ててくれた。
昼も夜も休みなく働いてくれた。


母ちゃんは今、病院に入院している。

意識はあるけど、口をきくことが出来ない。

自分の置かれている状況を把握しているのか、わからない。



病室に行くと、いつも手を握り、母に話しかける。
でも、わかっていないかもしれない。
一方通行の言葉は、空をただようばかり。

母は無表情で頷くばかり。




もしかしたら私のことも、わからないかもしれない。





母ちゃんが私のことを忘れていたとしても。


私は母ちゃんとの毎日を覚えている。




これから作っていけばいい。



消えてしまったかもしれない記憶は

私の中にある。





今の私があるのは、母ちゃんのおかげだと思っている。


小学校の頃は登校拒否をして、随分、苦労をかけてしまった。

社会人になってからも、仕事を転々としていて心配をかけた。



やっと楽が出来るね・・・って思ったとたんに病気になった母ちゃん。

頑張って病気と闘っている毎日だった。




今思えば、
あのとき、こうしていたら・・・って思うことばかり。


「たられば」・・・を考えたらキリがない。





だから、後ろはもう振り向かないで

前を向いて歩いていこう。






母ちゃんが私を生んでくれたから

今の私があるんだ。

母ちゃんがくれた人生を私なりに歩んでいくよ。



前を向いて。

頑張るよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント