2013/03/11

父のこと

母の後を追うように、
3月1日に父が他界しました。

昨日は母の四十九日と納骨。

父は亡くなってからまだ日が浅いのですが、夫婦仲良く、一緒に行ったらどうか・・・と、お坊さんからの提案もあり、二人一緒に行うことが出来ました。

無事に法事が終わりました。
兄は久しぶりに、随分とお酒を飲んでしまったようです。

最近の私は、何をするのも、気力が起きず、気分の浮き沈みが激しく、一人になると泣けてきてしまう事が多くなりました。

それでも、一人になる時間は大切で、今の私には必要なのかもしれません。

母と父は、最後に、生き様を私に見せてくれました。

亡くなる瞬間を見届ける事が出来た私は、幸せなのかもしれません。

他の人と比べる事はしないようにします。私には、私の、家族の形があり、想いがあります。

周りを見渡すと、心配して気にかけてくれる多くの人がいることに気付きます。

いつも励まされて、支えられているんだなぁと、今更ながら思います。

いつの日か。
支えてくれた人達を、今度は励まし、支えてあげることが出来るようになれたら・・・と、思うのです。

3月11日。
色々、考えてしまい、眠れなくなりました。

二人分の豪華な後飾りの祭壇。
片付けを早くしないといけません。

また忙しくなりそうなので、諸々、頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント