2014/02/16

甲府の雪。リアルに危険です。

朝、ご近所さんと顔を合わせて
「これ、ひどいですね」…の挨拶。


昨日は一日、雪かき。

一時間もやっていると腰とか腕とか辛くなってきて、
しばしの休憩を入れつつ、夫と3回の雪かきで、家の周りに歩くスペースがやっと出来た。

ただ、掻いた雪の置き場所がなくて、歩くスペースの横には
壁のように掻いた雪が重なっている状態。
130cmくらいの高さかな。

これ。
数週間は溶けないレベル。



朝は掻いた雪が凍っているし
屋根の上には氷柱状態の重そうな雪が
今にも落ちて来そうな場所に留まっている。


とっても危険



少し楽観的すぎるのかもしれない。

まさかここまでの雪になるとは予想外。
月曜日には生協で食材が届くし、そんなに買わなくてもいいか…と、
木曜日に買い物に出たきり。

恐らく、月曜日の生協は届かないだろうね。
っていうか、そもそも道が見えないくらいの雪なので、車も通れないだろうね。

なんとか、冷凍されている食材とか、缶詰とかを使って、
食事は用意していこう。
お米はあるし、パンは作ればいいよね。
主食はなんとかなりそう。

栄養面とか考えていられないから、しばらくは食べれればOK。




とにかくまずは車の周りの雪を掻くところからのスタートで、車を走らせる状況ではない。
※あ、うちはノーマルタイヤだから、そもそも雪の日は走らないお約束。


とりあえず階段はすぐに雪かき。
04_2014021605245835e.jpg


窓から見た景色。
02_2014021605245918a.jpg

手前のは車なんだよね。
03_20140216052501002.jpg


↓これ、家前の道路です。
雪に埋もれる息子。

そもそも、この大量の雪をどこにどけたらいいのか。
雪掻きをしたくても、雪の置き場所が無い。
01_20140216052502dcf.jpg



これは、正直、災害レベルです。
月曜日もおそらく通常機能出来ないでしょう。

火曜日、通院予定ですが、やっぱり徒歩でしょうねぇ…^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント